top of page
  • Ryoko Kaji

吸って、吐く。ヨガで大切にしているのは呼吸。


毎日欠かすことのない呼吸、ですが意識を向け大切にすることは少ないですよね。


呼吸作用は自律神経機能の一部です。

意識せずとも行っているものにヨガは目を向けていきます。


無意識であるものをコントロールできるようになった時に自律神経が整っていくのです。


人は毎分12-20回の呼吸をします。

(回数は年齢、体型に応じて)

1回で吸う、吐く量が400-500cc。全てが交換されず150ccが肺にとどまります。

呼吸の目的→酸素を細胞に届け、二酸化炭素などの老廃物を取り除くこと。



呼吸は鼻腔、気管、肺の3つで構成されます。


①鼻腔‥気道の始まり。空気中の異物を取り除く働きがある。

ヨガは必ず鼻呼吸(ベロを上あごにつけ奥歯は噛み締めない)

②気管‥鼻から吸った空気を肺に運ぶ

③肺‥血中に酸素が運ばれ、二酸化炭素が除去される


「鼻呼吸がいい理由」

病気になりにくい、いびき対策

ウィルス感染やアレルギー物質は鼻呼吸することで肺に入らないよう守ってくれます。


「口呼吸を治すには」

意識してまず鼻で呼吸する癖をつける

肥満の方は痩せる(顎、首、喉に脂肪がつき気道が圧迫されるため)

枕の高さをあったものに変える(高いと上を向きやすく口が開く)


口呼吸で起こすトラブル

疲労感、アレルギー、肌荒れ、老け顔、虫歯、口臭など。

ヨギが若く見えたり、肌に艶があるのは鼻呼吸の効果もありますね!!

※口呼吸チェック

・前歯が突き出ている

・いびき、歯軋りがある

・顎が細い

・口角が下がっている

・目の下にクマがある

・唇がよく乾く

・顔が明らかに左右非対称


口呼吸はさまざまなトラブルを体に起こします。

健康で過ごすためにも、鼻呼吸を意識して口呼吸ではないかも確認してみましょう!!


#鼻呼吸 #口呼吸 #免疫力 #いびき #肥満と呼吸 #子供の口呼吸 #ヨガと鼻呼吸

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨガを日常に取り入れるようになり 変化したことでお金に対しての気持ちがあります。 お金を綺麗なものだと思いたいと思ったこと。 https://youtu.be/R0gvqBcQOug #youtube #yoga #yogainstructor #yogamoney #donation #contribution #Service #yogi #onlineyoga #yogateacher #